BALNIBARBI RECRUITING 2018

バルニバービのナウをお届け!
2018.12.08 シビレる!家で作った方が絶対ウマイ!餃子や麻婆豆腐に自家製ラー油レシピ https://t.co/q6QPfpHTQ6

THYME TIME CO., LTD.
株式会社バルニバービ タイムタイム

私達は、それぞれが代表取締役であり、そして一店舗のオーナーです。店のメニュー決定やイベント立案、プロモーション活動などを行います。もちろん採用権限やスタッフ評価権限(報酬決定)も有します。飲食店経営における責任を通して、経営力そして人間力を学ぶ会社です

失敗しても挑戦し追求し続けることをサポート

Restaurant & Salon Bar「BARKT」 バルクト代表取締役 BARKT オーナー 松 敬之

どのシチュエーションでも安らげる、形の無いサービスを追求し続ける。一流バーテンダーからのカクテル、厳選されたワイン、なんでも話せるサービスマン、こだわり抜いたシェフ特製フレンチからちょい飲みで楽しめるバーフード、深夜でも変わらず楽しめるレストランフード、デザートまで。

仲間へ
挑戦しない後悔より、挑戦して失敗。が糧になる。 正解が無い世界だが、正解を模索し続ける事で正解により近いものは見つかってくる。 正解を模索する上での失敗は意地でもすべて僕が受け止めます。

オーナー松の約束

近い楽より、遠い楽しさを追及できる人間でいる事。
仲間にも同じ事を伝えています。

なりたい自分

関わる全ての人たちに未来を与える人になりたいです。
それが私の力となり、明日以降へのエネルギーになります。

座右の銘や趣味、特技

座右の銘「自分がそれを意識した時にしか負けは無い」
趣味「食べる、飲む、知る」
特技「何事にもやりがいを見つける」

メッセージ

全ての仲間に平等に良くも悪くも区別、差別せず 向き合っております。 不器用な部分もありますが、 それでしか本物の絆は生まれないと思っております。 この先もとにかく話す、ぶつかる、ビッグバンを起こし、新たな物が生まれる、を 繰り返し、店を生きた一つの生物にしていきます。

barkt.com

とにかく元気で笑顔に!やさしく!がもっとも大切にしているモットー

Pizzeria,Trattoria,Cafe「GARBweeks」 ガーブ ウィークス 代表取締役 GARBweeks オーナー GIACOMO(ジャコモ)

「笑顔で元気」なんて当たり前やん、、、。そうです。当たり前です。 でも本当にみんな(世の中の飲食店)が笑顔で元気かといえばそうではない。 「笑顔で元気にいよう!」という決まり文句にすぎず、そこに深い意味を見出していないからかなと思っています。 業務命令!みたいな。 でも僕らは「笑顔で元気」であることによって、もっと自らが楽しくなり、人生を豊かにできる!と伝え、それを信じてやっています。
どういうことかというと、、
僕らが「笑顔で元気」であることによって、僕らはお客様から「笑顔と元気」をもらえる。
僕らはそれが心地よくて、楽しくて、また僕らは笑顔になれる。 
そうなると僕らの笑顔はまた増える。そうするともっとお客様から笑顔と元気をもらえる。

喜んでもらえることで、もっと喜んでもらえないかな(もっと俺も私も喜びたい!)、、 もっと料理をおいしく作れたらよろこぶよな! もっとワインの知識があれば喜んでもらえるよな! もしかしたら、私の大好きな歌でよろこばせれるかも!
って考えるようになる! そこに成長がある!!

飲食業という決して楽ではないお仕事の中で、飲食が好きで志してきた者に、飲食の楽しさを感じてもらいたい。
楽しいからこそ、成長したくなる。人生が豊かになる。
その始まりであり、そして、そのすべてが「笑顔と元気」だということを理解し伝えている店です。
もちろん100点なんてまだまだで、、、そこに向かって日々健闘!

第一に「飲食の楽しさ」を伝えて感じさせていきたい。

飲食が好きで志してきた仲間が、本当に楽しさを知り、もっともっとと成長意欲が生まれ、成長することで、 真の「好きなことを仕事にしている。」になると思っています。
それが続くと、好きが得意になっていくはず! 
「得意なことを仕事にしている」 こうなれば個性の集まりだなーと。

そして、すこし付け加えると「好きなことを仕事にして、しっかり稼ぐ」です。 
付け加えバージョンは僕のミッション。仲間を稼がせる。 
稼ぐために(利益を出すために)、どう盛り上げて、どう運営していくのか。まだまだですが、どんなことも飲み込み、突破していくしかない。 
その突破力の源もやはり「笑顔と元気」です。 そこを失うべからず、経営者として覚悟を持って挑みます。
本当に「笑顔で元気でやさしくて」 そこに楽しさをもった仲間が集まる飲食店は世の中になかなかない!はず。 だからこそ、そんな店にしたい。 そんな店が仲間の人生において、プラスにならないはずはない!
だって、「好きで得意な仕事を楽しんで成長できるから!」 ということを声を大にして仲間に伝えたい。

座右の銘や趣味、特技

趣味「キャンプ」キャンプ大好き。あと沖縄大好き。料理好き。
座右の銘 「その人のその人らしさを良しとおもふ」
特技「キャンプ」「有ソムリエ資格」 

garbweeks.com

飲食を心から楽しみ人を笑顔にするジャコモの原点をインタビュー

一期一会を大切に笑顔と元気のエネルギーを放つ太陽のようなお店

Pizzeria & Trattoria「AOI NAPOLI IN THE PARK」 青いナポリ インザパーク代表取締役 AOI NAPOLI IN THE PARK オーナー 向井 夏樹

最大権限を持って店舗運営にあたることできめ細やかなオペレーションの実現と人材育成を目指す。 青いナポリは大阪市の元天王寺公園を再開発した新スポット。公園内に常設テナントを儲ける新たな取り組みの中の一軒家レストランで公園と隣接するポテンシャルを大いに秘めたピッツェリア&イタリアンカフェです。

みんなには、この仕事が本当に楽しいし面白いという事を伝えたい。
人と人とが交わる中で一期一会を持って進めるとそこには大きな世界が広がっているという事。それを物にする中での答えの無い道筋。 笑顔と元気を重んじる中で、エネルギーが通った人・お店に人は寄ってくるということを日々実践しています。そんな共通の思いを持った集団です。 食を通してなりたい自分になる。個を重視する上でその環境は崩さず進めています。
ポテンシャルに満ち溢れた「青いナポリ」だからこそ、その表現方法は人によって様々でその集合体だからこそオンリーワンのお店造りが出来ると信じています。

なりたい自分

太陽の様に自らが光り輝き、携わる周りの人々を光り輝かせる。
そんな自分であり続けたい。

約束

どんな時でも笑顔

メッセージ

自身の大事な人生の1ページを作成する上でこんなにもやり甲斐を持ち、苦楽しく働ける環境があるのだと伝えたい。

aoinapoli-inthepark.jp/

会社の為に僕らがいるのでは無く、一人一人自らの人生の為にある会社

Restaurant&Bar「NAKANOSHIMA SOCIAL EAT AWAKE」 中之島ソーシャルイートアウェイク代表取締役 NAKANOSHIMA SOCIAL EAT AWAKE オーナーシェフ 西村 康佑

まず、重要文化財である”大阪市中央公会堂“内にある稀少なバル&レストランです。
店のスタイルとしてはミシュラン1つ星獲得の“レストラン米村”と業務提携もさせて頂いており、米村シェフとのコラボレーションのメニューも有ったりします。 ディナーはリーズナブルに気軽にお酒とお料理を愉しんで頂くバルエリア、米村シェフとのコラボレーションコースもあるラグジュアリーなレストランエリアと同じ店内でメニューも雰囲気も違う2つの顔が御座います。 また、名物のオムライスはオープンからクローズまでどちらのエリアでも一日中お愉しみ頂けます。 お客様のその日の気分やシーンに合わせお愉しみ頂ける、そんな店で在りたいと思います。

仲間へ

今後も仕事はプライドと責任感を持ち全力で取り組んでもらいます。 そしてさらに、プライベートも充実させる必要があると考えます。 仕事に全力で取り組み、その甲斐がありプライベートも充実させれる。 そしてさらに仕事に集中し取り組める。 その環境に共感できる仲間を、これからも増やしていきたいです。 自分達の楽しめる店はこれからも自分達で創っていきたい。 目指すのはそこだけです!

オーナーシェフ西村の約束

会社の為に働くのではなく、皆それぞれが自らの為に働ける店を創ります。
我々のやるべき事、得意な事、そしてやりたい事を日々実践していきます。 お客様にとっても我々自らも有益であること、その上で会社にも有益であることを目指します。 会社の為に僕らがいるのでは無く、一人一人自らの人生の為にある会社であり店を創ります。 皆の人生は皆が自ら決め、進んでいける環境である事。 その為に日々全力を尽くします。

なりたい自分

飲食業を通じてお客様からも、仲間からもここで店をしてくれて有難うと思ってもらいたいです。 そして自らも喜びを感じていたいです。 お客様、仲間、自分も含め多くの意味で、皆が日々充実し豊かに気持ちになれる。 そんな店であり、そんな環境を創れる自分になりたいです。

座右の銘から...

座右の銘とまではいきませんが、「料理人は芝刈りみたいなものです!」というフレーズになります。
この言葉は私が料理人を目指すきっかけとなった、某有名レストランの元シェフに頂いた言葉です。 もともと面識が多少ありましたので、僕が料理を始めると決意し御挨拶がてら食事にいった際頂いた言葉でした。 始めは良く理解できておりませんでしたが、1か月も仕事をし始めたころ身に染みて感じてきました。 僕が入りたての頃の環境は上下関係もですが労働環境も厳しく何をしても怒られてた気がします。 その厳しさの中でしたので、同僚も日を追うごとにいなくなり2か月経つ頃には僕一人になってました。 人が居なくなった分,自分の雑用的な仕事は増える一方で、その上でも必死に何かを習得したかったので 必然的に朝6時には毎日出勤、終わるのは深夜、休みもあって無い様な生活が当たり前そんな生活が約1年半ぐらい続いたと思います。
勿論、その間色々と御指導頂く事もあり習得できる事は多々有りましたが、手取り足取りといった様な教えは一度も無く 見たことを本で調べ間違ってたら怒られ、何とか覚えるといった様な日々だった気がしております。 今となっては日々必死だった記憶しかありません。
とにかく何度も心が折れそうになりましたが、今ここで負けたら料理人になる為に地元を離れ過ごした日々が無駄になる。 なりたい自分になれない、美味しいものを作れるようになりたい!と思う一心を自らに言い聞かせ何とか日々励みました。 また、先輩の急な異動等でと仕事量も必然と増え、とにかくその頃は我武者羅でした。
そんな日々を送り2年が起つ頃、やっと帰る余裕が出来ました。 御挨拶がてらそのレストランに食事に行きました。 シェフも出てきてくれ第一声が「おっ 料理人の顔になってきたね。ちょっとは芝刈ったね!」と声をかけてくれました。 僕はその言葉に嬉しさのあまり涙がでてきてしまいました。
その時お話頂いた内容が
「芝刈りというのはちょっと刈っただけじゃ誰も気づかないし、誰も褒めてくれない。 ただひたすらひたむきに刈り続けるしかない地味な仕事です。 没頭し忘れた頃、振り返ってみると刈れてた。 そんな仕事です。 その時始めて誰かが気づき、やっとよくやったねと言ってもらえる。 そして、自らも振り返ったときこれだけ刈ってこれたんだ!とやっと実感できるもの。 だから、今日はちょっと振り返ってみてもいいんじゃんない?きっと刈れてるはずだよ。」 でした。
その時僕は自分のやってきた2年間がやっと報われた気がしてさらに涙してしまった事を覚えております。 あの日あの方と出会ってなければ、今の僕の料理人としての人生は無かったと思っております。
因みに勿論ですが、上記の過酷な環境はバルニバービグループではありません(笑)

メッセージ

今のアウェイクはみんなで創り上げてきたお店です。
そしてこれからももっと楽しいお店にして行きたいし、皆となら出来ると信じてます。
古き良き時代の物は継承しつつ、現代に適応していけることをしていきたいと日々考えています。 そしてそんな仲間とこれからも共に“店創り”していきたいです。
今までの自らの経験を皆に伝え、さらに皆の力を合わせ、そしてさらに愛される店にして行きたいです。 5年後も、10年後も今日はアウェイクのオムライス食べたいと思ってもらえる店で在るように、日々精進いたします。

nakanoshima-social-eat-awake.jp/

趣味=料理のシェフ浅沼が駒形に開いた本格ビストロ

BistroBar 「TROIS CUIT ASANUMA」 トロワキュイ アサヌマ代表取締役 TROIS CUIT ASANUMA オーナーシェフ 浅沼 健一

小さな炭火焼きビストロ
旬の食材に拘り、フレンチだけではない枠に捉われないただ美味しい料理とワインを提供します。
バルニバービは(なりたい自分になる)為の環境、人、全て揃ってます!長所だけを極めましょう!

オーナーシェフ浅沼の約束

安くて美味し過ぎる料理を提供し続ける

なりたい自分

真のオーナーシェフ

座右の銘や趣味、特技

座右の銘「為せば成る 為さねば成らぬ 何事も 成らぬは人の 為さぬなりけり」
趣味・特技「料理」

troiscuit.jp

個人の成長とチャレンジを後押しするお店

Pizzeria & Trattoria「AD'ACCHIO」 アダッキオ代表取締役 AD'ACCHIO オーナー・プリモピッツァイオーロ 岡田 智至

個々の成長とそれぞれにとってのチャレンジ。

自分自身の可能性やもちろんそれ以前のキッカケは待っていても何も始まらない。まずはやってみたいと思えたことがチャンスでありキッカケとなり一歩となる。タイミングも勿論必要だし、やりたい事だけがやれるのが全てではない。
だからこそ、やってみたい事にいつでも踏み入れることのできる準備態勢(予習)の元、進んでほしい。

オーナー岡田の約束

逃げない事。
ごまかさない事。
嘘をつかない事。

なりたい自分

私のなりたい自分を一言では言うことは難しいですが、明確なことは、未だ見ぬ自分への開拓。 経験したことを活かしつつ、未だ見ぬことにチャレンジしていくこと。過去が未来を創る。そのアイテム数を増やすことが目的ではなく自分に合った今にあった事に踏み入れていく。

座右の銘

どんな時も人生これでいいと考えちゃいけない。そう思った瞬間に進歩が止まり、後輩たちに抜かれ、置いてかれる。
先輩方や自分たちが積み重ねてきたものがあって、今がある。
今が素晴らしければ素晴らしいほど、過去の苦労の価値は、高まっていく。
学ばない者は、人のせいにする。自分に何が足りないかを考えないから。 学びつつある者は、自分のせいにする。自分に何が足りないか知っているから。 学ぶことを知っている者は、誰のせいにもしない。 常に学び続ける人でいたい。

adacchio.com

働く仲間もお客様もみんな「OLIVAファミリー」

Cucina Caffe OLIVA クッチーナ カフェ オリーヴァ 代表取締役 Cucina Caffe OLIVA オーナー 刈山 日出生

地元や極端に言えば田舎のおばあちゃんのような考えをもって「うちに来たらお腹いっぱい食べて、飲んで、笑って楽しんでって!」を基本マインドとして営んでおります。アットホームでなんか心を許してしまうような雰囲気を醸し出すスタッフにも恵まれ少しずつ地域に根を張ってきています。 また1から造りだす、手間暇を惜しまない妥協なしのお料理。美味しくいいものを安く仕入れるワインなどの飲料でコストを抑えながらその分お客様に還元しお食事の時間と空間をお楽しみいただくスタンスのお店です。
私自身、飲食人として人らしく生計をたて、家族、友人、自分に誇れる自分になる。を人生の目標を掲げ、見解や知識の拡大、技術の向上など時にはストイックに日々を進んでおります。
飲食に携わり時には家族よりも長い時間を共にする仲間達にはファミリーとして接しており、それがそのままお客様へ伝わる、皆でまるっと「OLIVAファミリー」のような空気感をもって、確かで本当に美味しいものを安く。シンプルにこの一点を追求するお金を頂くプロ集団として日々切磋琢磨しています。
私を含めた各個人の日々の成長が、人の持つ可能性を広げ、お店の成長へ。そこから地域の発展へ。と話しが拡大しすぎかもしれませんがいつの時代にも存在する飲食業を人の手でアナログでしか伝わらない人間味をもってこれからもOLIVAファミリーはここで立ち続けます。

足りない部分を補い合うチームワーク力が強み

Cafe & Grill「GOOD MORNING CAFE & GRILL虎ノ門」 グッドモーニングカフェ&グリル虎ノ門 代表取締役 GOOD MORNING CAFE & GRILL虎ノ門 オーナー 小川 泰志

とにかく『人懐っこい』『人たらし』⁈という言葉が合うのでしょうか?
お店、自分に集まって来てくれた仲間達は、家族よりも長い時間を店舗で過ごす事で凄く自分に似て来ました。皆フレンドリーシップで人を迎え入れてくれます。 近隣に住むおじいちゃん、おばあちゃん、ご家族で来店下さるお子さま、お散歩中のわんちゃん⁈達がお店の仲間たちを訪ねて来店下さいます。 店名の『グットモーニングカフェ』という名前から想像するゆったり落ち着いた雰囲気を良い意味で覆す『活気』『元気』『笑顔』が溢れるお店です。

仲間へ

『思うは招く 夢は叶う』
自分のような学歴もなく飲食しか知らないような人間でも、今の立場に立たせて頂いたバルニバービという会社との出会い。バルニバービの仲間達との出会いが今、これからの自分や仲間達の未来や可能性を開いて行きます。 『想い』を持つ人には、周りも勝手に動き、出会いやチャレンジする場が産まれます!

オーナー小川の約束

自らが仲間にチャレンジする姿勢を見せ続け出来ない理由ではなく、失敗を繰り返し出来る理由、先に向かう事で仲間の可能性を広げて行きます。

なりたい自分

自分のような経歴でも胸を張って飲食という仕事に自信を持って生きて行く同じ志を持った仲間達を育て自分達の舞台を創り出すことです。

座右の銘や趣味、特技

『ホテルは人也』という言葉でホテルバーテンダー時代長く育った事もあり今は、 『お店は人也』という言葉が自身の座右の銘です。

メッセージ

人は、足りないから助け合える。自分も足りない部分を仲間達に助けてもらってます。
失敗は、マイナスではなく先に向かう成長への過程。
自分が出来る事で人を幸せに。 ただ今、目下成長中です!

gmc-toranomon.com

株式会社バルニバービ タイムタイム

代表取締役社長 佐藤 裕久

代表取締役 BARKT オーナー 松 敬之 / BARKT [大阪 / 宗右衛門町]
代表取締役 GARBweeks オーナー GIACOMO (2018年8月より) / GARBweeks [大阪 / 中之島]
代表取締役 AOI NAPOLI IN THE PARK オーナー 向井 夏樹 (2018年8月より) / AOI NAPOLI IN THE PARK [大阪 / 天王寺]
代表取締役 NAKANOSHIMA SOCIAL EAT AWAKE オーナーシェフ 西村 康佑(2018年8月より) / NAKANOSHIMA SOCIAL EAT AWAKE [大阪 / 中之島]
代表取締役 TROIS CUIT ASANUMA オーナーシェフ 浅沼 健一 / TROIS CUIT ASANUMA [東京 / 駒形]
代表取締役 AD'ACCHIO オーナーシェフ 岡田 智至 / AD'ACCHIO [東京 / 千住]
代表取締役 Cucina Caffe OLIVA オーナー 刈山 日出生 (2018年8月より) / Cucina Caffe OLIVA [東京 / 高田馬場]
代表取締役 GOOD MORNING CAFE & GRILL オーナー 小川 泰志 (2018年8月より) / GOOD MORNING CAFE & GRILL [東京 / 虎ノ門]

設立:2016年

バルニバーグループ福利厚生

社保完備(健康保険・厚生年金保険・雇用保険・介護保険) / 労災保険 / 慶弔休暇・慶弔金 / 産前産後休暇 / 育児休暇 / 介護休暇 / 従業員持株会 / 食事補助(賄い) / 定期健診(年2回) / ロングホリディ制度 / 子ども支援手当 など

タイムタイム 独自の企画・文化

これから代表たちで実現可能な店舗企画を考えていきます。...それぞれどんなことを考えているのか、こっそり聞いてみました! 仲間たちみんなのため自分のため、代表は実現のために試行錯誤しています。

GARBweeks オーナーGIACOMO

これからいろんなことを経験できるイベントを作っていきたいなと。
weeksにはソムリエもいます(今年2名試験うけます!)
 バリスタで大会受賞経験のスタッフもいて。
今は世界バリスタチャンプとタッグ組んで色々企んでます。PIZZA職人に肉マニア。知識・技術として社内で自由度の高いセミナーを行い、成長意欲に応えます。また、グランメゾンなど普段なかなかいけないレストランに業績を出して、勉強しにいけるようにしたり自店舗でのコミニケーションの場として、朝活・夜活を定期的に実施。 
仕事にプラスになるようなものを考えたい。
研修旅行はまじでいきたい。

青いナポリITP オーナー向井

社員合同で思い出作りが出来る企画を模索中。

アウェイク オーナーシェフ西村

従業員優待制度が一番作りたいです。従業員の家族や友人等、その従業員の大切な人が来てくれた際の特別優待や、ゆくゆくは「旅行」に行けるような企画ができればと思っています。

アダッキオ オーナーシェフ岡田

精度に関してはまだ未定ですが、イタリア料理店として築いていくためにイタリアでの研修制度を作っていく。 ピッツァ、カメリエーレ、クオーコ、バリスタ、ソムリエなど目指す人は目指していくしまだ見えてない者にも可能性が生まれてくる。 その代り、天狗になることや会社外で目指そうと思う者もその分可能性も生まれてくることも事実。しっかりと見える方針とルールが必要と考えます。