BALNIBARBI RECRUITING 2018

福利厚生・制度や育成研修について

福利厚生について

バルニバービ グループでは、社員ひとりひとりが安心して就業できるように様々な福利厚生を設けています。

社会保険完備(健康保険・厚生年金保険・雇用保険・介護保険) / 労災保険 / 慶弔休暇・慶弔金 / 産前産後休暇 / 育児休暇 / 介護休暇 / 時短勤務制度 / 旅費積立 / 従業員持株会 / 社宅 / 食事補助(賄い) / 定期健診(年2回) / 生命保険(入院) 貸付金 / ユニフォーム貸与 / 健康相談 / アルバイトインセンティブ手当 / バースデーチケット(10,000円分) / 社内・外部研修

子ども支援手当制度

[ 5年以上勤続の全社員 ]

家族を持って家族を働くスタッフも多いバルニバービグループでは、安心して業務に就けるように18際未満の子供を持つ両親ともに決められた金額を月額で支援として支給します。働くパパとママをしっかりと支援・サポートしていきます。

ロングホリデイ制度

[ 5年以上勤続の全社員 ]

新しく新設されたロングホリデイ制度は、入社後満5年以上の全社員に向けて、「連続した10日間休暇」および「5日間連続休暇×2回」取得することができます。リフレッシュと共にそれぞれの生活価値の充実をはかり、活き活きと働くことや新たな成長の糧となることも目的としています。

各種制度や人材育成研修

より心に残る接客には、必ず知識は必要です。
お客様と話が出来れば楽しさは倍増します

バルニバービ グループでは、社員ひとりひとりの「なりたい自分」になるために努力する人を応援します。
ドリンクセミナー(ワイン講習・カフェ講習・バリスタ講習など)、またマナー講習や衛生に関してなどの、 専門性をより高めたり、教養・技術を磨く講習を定期的に開催。また、社長自らが教壇に立つ「佐藤塾」では原点に立ち返り、自身のキャリアプランを再構築する貴重な機会となったり、経営ノウハウを吸収できるチャンスとなります。
また海外研修等も充実しており、各々の成長スピードを支援しています。

OVER SEA LEARNING

[ 対象者のみ ] 海外研修

世界各地の、お料理から、アート、ライフスタイルのその時々の最先端とされる都市を選んで訪れ、その土地の人や空気から直に刺激を受け、自らの感性に磨きをかけることを目的としています。行先は毎年変わり、これまでにはロンドン・パリ・ニューヨーク・スペイン・オーストラリアなどを旅してきました。

バルニバービグループの海外研修レポートはこちら!

BRISTA(Cafe) Seminer

[ 希望者全対象 ] バリスタ(カフェ)セミナー

イタリアのコーヒー、LAVAZZA (片岡物産さん)にご協力いただき、カフェの品質向上、技術向上のため、実際にLAVAZZAのマシンを使用しながらの実習講座。 また、現在も専門学校の講師を務めながらシャンデリアテーブルのカウンターを担当している須澤による少人数制のカフェセミナーで、しっかりと知識と技術を身につけられます。

COCKTAIL Seminer

[ 希望者全対象 ] カクテルセミナー

BAR業態スタッフが座学とドリンクメイクを実演を交えて、自らのノウハウを受講者に伝授。カクテルの種類から始まり、道具の扱い、技法、品質管理など内容は多岐に渡ります。

all for Delicious

[ シェフクラス対象 ] オール フォー デリシャス

シェフのための特別講座 東西シェフクラスの料理人が集まり、技術向上や交流、情報を目的とした「超」実践的な料理講座です。毎回異なるバルニバービ・シェフが講師となって行われます。

WINE Seminer

[ 飲料担当 ] ワイン・ソムリエセミナー

ワインセミナー / ワインをテイスティング、ワインの味わいを紐解くセミナーなど... 参考書にはないリアルな日々の接客に役立つ内容を、GARB weeks店長でソムリエ資格保有者のGIACOMO(高上)、本部の飲料担当でソムリエールの岩崎が楽しみながら学べるように講座を開きます。

all for all WEDDING SCHOOL

[プランナー担当 ] ウェディングプランナー担当

プランナー研修制度「 all for all WEDDING SCHOOL (通称:AWS)」。 プランナー自身が、結婚式の本質を理解し知識を身につけることで、ウェディングから軸をぶらさずお二人らしい提案ができるよう学ぶ場です。研修自体も、個性溢れるバルニバービだからこそ集まったプランナー陣で作り上げています。外部セミナーへの参加でクオリティアップに繋げています。

PL Class

[ 希望者全対象 ] 佐藤塾

飲食店を経営、運営する上で避けては通れない「数字」について、代表の佐藤が直接教えます。損益計算書(PL)の基礎から経営者クラスまで、受講者が自分のレベルに合わせて学びを深めていくことができます。