BALNIBARBI RECRUITING 2018

バルニバービのナウをお届け!
2020.10.26 おうちに集う“おいしい”理由 「CANDLE TABLE」から届く幸せの時間 #キャンドルテーブル #バルニバービ #おうちレストラン #お取り寄せ セレブリティーライフスタイル「OK!」マガジン https://t.co/jECnqsGEIS

WORK STYLE LAB
食を通じてなりたい自分になるメディア

GIACOMOのえ〜かげん日記

えーかげんに綴る、今日はなぜかペンネアラビアータ。

GIACOMO

昨日食べたの。アラビアータ。

アラビアータ。辛いトマトソースのパスタ。

このシンプルで最高にうまいパスタを勝手に紐解く。

アラビアータのソースで何が辛ければいいか。何に辛さをつけるのか。
僕はオイルだと思っておる。

オイルにしっかりと鷹の爪から辛味を引き出す。
そこにしっかりと甘みの残ったトマトソースをたっぷり。

たっぷりというところがミソ。

ペンネの空洞部分にしっかりとトマトソースが入るイメージ。

辛いオイルがペンネの周りにまとわりつき、まず一口目に辛味がくる。
オイルがしっかり辛いからこそ、一口目のインパクトがある。
そのあと、ペンネを噛んだ時に、ペンネの中から、甘いトマトソースがむぎゅっとでてくる。
その「むぎゅっ」がこのアラビアータの醍醐味。

辛さだけでない、トマトの甘みが最後に来て、辛味を旨味に変える。

だからこそ、オイリーになりすぎず、たっぷりのトマトソースが美味しさの秘訣なのだ。
「むぎゅ」の旨味があるからこそ、辛味が活かされる。

辛さと「むぎゅ」の饗宴。他になにもいらない。

GARBweeksでむぎゅなアラビアータお試しアレ。
合わせるならば、軽めの赤ワインかな。

ボルゴ・マグレード ピノネーロ/イタリア

ボルゴ・マグレード ピノネーロ/イタリア
たっぷりの果実味と爽やかな酸味がまさにアラビアータの「むぎゅ」そのもの。
より一層「むぎゅ」を引き立てるアラビアータにはこのワイン。

この記事を書いた人 & 編集後記

GIACOMO

NO SURF NO LIFE。海が好き。ワインが好き。 こうみえてソムリエです。 大阪中之島 GARBweeksの看板チャラ男です。