BALNIBARBI RECRUITING 2018

バルニバービのナウをお届け!
2018.12.08 シビレる!家で作った方が絶対ウマイ!餃子や麻婆豆腐に自家製ラー油レシピ https://t.co/q6QPfpHTQ6

WORK STYLE LAB
食を通じてなりたい自分になるメディア

GIACOMOのえ〜かげん日記

ワインをもっと自由に!

GIACOMO

ソムリエをとったのが、たしか、2006年だったかな。12年前か。
12年もの間ワインとの距離を近くして生きている。

当時は「とにかくボテっとした重口ワイン」がトレンドだったと思ふ。
いま、フレッシュでエレガントなワインがトレンドかな。

ワインにも流行りがあって、ソムリエを取得したからって、当時の知識や味覚だけでは、
取り残されてしまう。

もちろんワインだけではないですが、「常に新しい知識への刺激を求めていかないと停滞しちゃうよねー」と
常々思っております。

グラスワイン。
メニュー構成含めて、「どうすればお客さんがわかりやすく、楽しく選べれる・飲めるか」
グラスワインのアイテム数は何種類が心地いいか。 価格帯は?クオリティーは?

色々と試行錯誤とチャレンジの連続。

この度、GARBweeksのグラスワイン。うーん、グラスワインにとらわれず、「ワイン」というカテゴリーにおいて、
こういうテーマを決めました。

「ワインをもっと自由に!」

グラスワインの数。 決めません。
常にお好みを聞きます。 何本か持っていっておすすめします。
喜んでもらいたいから、ちょっといいワインとかもあけちゃうやろな。
料理との相性も考えてお勧めします。
説明の仕方も楽しくね!
「今日はナチュラルワインの日!」とかテーマを決める日もあるよん。

だから、今僕たちスタッフ、ワインを猛烈に勉強中。これ本気で。w

上記のテーマにもう一言付け加えるならば、、

「ワインをもっと自由に!身近に!」

お客さんとお店(スタッフ)を繋ぐきっかけ(要素)は色々とあると思う。
その要素のひとつでもある、「ワイン」をもっとお客さんと僕たちを繋ぐ架け橋になれればと。

「おねーちゃんの選んでくれたワイン最高やったで!また飲みに来るわ!」

お客さんと僕らが、ワインが架け橋に繋がる。 もちろん、ワインだけが架け橋になり得るわけではないですが、
ひとつの要素として、もっと素敵な「ジョインター」になることが、僕の最近のワインに対する「トレンド」です。

GARBweeksでおいしいワインを!! 乾杯!

1 Star 0

この記事を書いた人 & 編集後記

GIACOMO

キャンプが好き。沖縄が好き。最近年のせいか、二日酔いが長引くので、「もーお酒は控えないとなー」と思っているのだが、全く勢い弱めることができない、こう見えてソムリエ。 大阪中之島。笑顔あふれるレストランGARBweeksの店主であります。