BALNIBARBI RECRUITING 2018

バルニバービのナウをお届け!
2018.12.08 シビレる!家で作った方が絶対ウマイ!餃子や麻婆豆腐に自家製ラー油レシピ https://t.co/q6QPfpHTQ6

WORK STYLE LAB
食を通じてなりたい自分になるメディア

GIACOMOのえ〜かげん日記

笑顔は1円もコストのかからない最高の営業施策である。

GIACOMO

「笑顔は1円もコストのかからない最高の営業施策である。」

とある本に書いてあった言葉だ。

うむ。たしかに。

「笑顔でいよう!」僕たち接客業の現場では、おそらく頻繁に飛び交う言葉であろう。

が、しかし。 

笑顔で溢れたお店っていうのが実はなかなかないなと思っておる。

「笑顔でお出迎えして、笑顔で包んで、笑顔でお見送りする。」

本当に心地よい笑顔に包まれるだけで、心地よいものだ。
でも、「うわ!すごいな!」と思うお店には頻繁には出会わない。

めっちゃ笑顔なんだが、目線外れた瞬間真顔とかね。 「あー業務的ー」なあれね。

だからこそ、僕らが作ればいい!と思っておる。

ただ、笑っていればいい!というほど、実はシンプルなものでもなくて、目線や声のトーン、業務的な笑顔ではない、微笑みにも似た笑顔。

「笑顔は技術」と僕はよくみんなに伝える。

「技術って、、それ業務的じゃない??」となると思うが、それは違う。

業務的ではない、本当の笑顔。心地いい笑顔。 それはどうあるべきか!!というのを考えて、自らも体験するからこそ、生まれる、習得する
技術だと思う。
例えばプライベートも楽しくして、仕事につなげる!っていうもひっくるめてね。

持って生まれた人懐っこい笑顔の持ち主。 でもそれだけじゃ、プロの「笑顔」にはならないの。
「もっと心地よい笑顔はなんたるか」を考えてこそ、プロの笑顔になれる。

だからこそ、「技術」という表現を使っているのだ。

でもその技術を手に入れることができれば、冒頭の「コストのかからない最高の営業施策」となる。

「笑顔でお出迎えして、笑顔で包んで、笑顔でお見送りする」

簡単そうで、これのプロフェッショナルは難しい。 ゴールもないだろし、様々なシチュエーションもあるだろうし。

だからこそ、飽きない(商い)のよね。 

今日もみんな笑顔どすえ。

1 Star 0

この記事を書いた人 & 編集後記

GIACOMO

キャンプが好き。沖縄が好き。最近年のせいか、二日酔いが長引くので、「もーお酒は控えないとなー」と思っているのだが、全く勢い弱めることができない、こう見えてソムリエ。 大阪中之島。笑顔あふれるレストランGARBweeksの店主であります。